クサイ臭いは素から絶たなきゃだめ!!

「体臭!!」気になりますか? 年齢とともにきつくなってくる「加齢臭(かれいしゅう)」別名:おやじ臭。 さあ、テツキチと一緒に「体質改善」しましょう!!

   加齢臭(エイジングノート)

     40代以上の世代の間で一番気になるのは、口臭
     その次に気になるのが体の臭い、体臭の一種ともいわれている、老齢からくる異臭、すなわち加齢臭


     最近では老年になる前の中年の人(早い人では20代後半)たちにもこのニオイが・・・

                 加齢臭の原因は、その対策はどうすればいいの

                テツキチが、その秘訣を、あなたにそっとお教えします。

    ○このブログを、ぜひあなたのお気に入りに追加して下さい(3秒で完了します) →→→ 

加齢臭(おやじ臭)対策 お役立ちサイト  ←クリック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メカブが体臭に効く?

テツキチです。

昨日の夜は、すっ・・・・ご~いでなかなか寝れませんでした。

ところが、
今朝は、打って変ってピーカン!!

雲ひとつない青空の中、元気にウォーキングしてきました!!

最初は寒かったけど、
30分も経つと軽く汗がにじんできて、
雨上がりの海岸道路は、マイナスイオンに満ちていて、

地球のパワーを体で吸収しているみたいなハイテンション・ウォーキングでした。

しかも、海に虹がかかってるじゃありませんか!!

今日は気分は最高!って感じです。

さて、9月にハカセ様からいただいたコメントに、

     「メカブか体臭に効くってほんとですか?」
といただいていたのですが、

テツキチ、無知のためコメントを返せませんでした。

ところが、解りました (日ごろの勉強の賜物)←「いつ勉強してるの?」

メカブは、体臭・口臭に効きます!

明日から、テツキチはメカブを食べることにします。

ハカセ、ありがとう!!

ところで、どうしてメカブが体臭に効くの?


今日の話、気に入った方は、ポチット押してね人気blogランキングへ


ワキガ・体臭・多汗に悩む方の心と体の診療室 五味クリニック 掲示板に、メカブの効果が載っていました。

 
メカブはワキガ臭のような体質的なニオイにはあまり効果は期待できませんが、口臭や体臭などの体からのニオイを抑える効果はかなりあるようです。

 このメカブの口臭体臭の抑制効果は、体全般からでる体臭の発生メカニズムを知ることでよく理解されます。
 実は、これが以前から私が述べてきた口臭体臭の「腸肝循環説」です。
 腸肝循環というのは、文字通り腸と肝臓との間でさまざまな物質が循環して、行き来をする生理的な活動のことを言います。たとえばビリルビンといった物質は、肝臓でウロビリノゲンとなり胆汁とともに腸内に分泌されますが、一部は便の中に排出され、一部は腸から吸収され門脈に入り、肝臓に戻り、再びビリルビン等の合成されるという循環を繰り返します。体の成分の再利用のような役目をするわけです。

 腸から吸収されて門脈に入り肝臓にいたる循環は、ビリルビンだけでなく、腸内で食物が悪玉菌により分解されて生成されたアンモニアやインドール、アミン類といったニオイ物質も行っているのです。
 回腸から吸収されて肝臓に入ったニオイ物質は、肝臓で分解されたり無臭の物質に合成されたりして、尿から排泄されます。たとえば、アンモニアは、肝臓で合成されて尿素となり、尿から排泄されるのです。無毒化されなかったニオイ物質は、再び腸の中に分泌され、一部は便やおならとして排泄され、一部は再び肝臓に入り無毒化されるのです。
 このメカニズムが分かれば、どのような場合に口臭や体臭が強くなるかが理解されます。
 第一に、腸内で生成されたニオイ物質が便とともに体外に排泄されないケースです。
 第二に、腸内で生成されたニオイ物質が、回腸から門脈に入り肝臓に行かずに、直接血管に入り、ニオイ物質が血液を介して肺(呼気)や汗として出るケースです。
 第三に、肝臓に行ったニオイ物質が無毒化(無臭化)されて尿に排泄されずに、そのまま血中に入り全身を回るケースです。これは肝機能や腎機能が低下したときに生じます。

 一般的に肝臓も腎臓も丈夫な人が口臭体臭が強くなるのは主に、第一と第二の原因によると言えるでしょう。

 実は、「メカブ」はここに効くのです。
 メカブやモズクといった海藻のヌルヌル成分に含まれる「フコイダン」という粘性多糖体は、腸内で食物繊維のような働きをしてアンモニアや硫化水素といったニオイ成分をヌルヌルで包みこみその多くを便として直接対外に排泄してくれるのです。
 さらに、この粘性成分が回腸の消化管粘膜を維持して、ニオイ成分が、直接血管やリンパ管から全身に回るのでなく、門脈から吸収されて肝臓に送りこむ働き、つまり、「腸肝循環」を促進させているとも言えるのです。

 さらに「メカブ」や「モズク」には「アルギン酸」という成分も多く含まれ、フコイダンと相互作用をして体臭成分の排出を行っているのです。これらの食物を日常的に摂取することは、健康の維持のみならず体臭予防ともなるのです。

 このようなニオイ成分の排出作用のある粘性多糖体は、他には「カスピ海ヨーグルト」にも含まれていますので同時に摂取すると、もっよいでしょう。

 また、食物繊維は一般にニオイの排出作用がありますが、できれば不溶性の食物繊維でなく、ゲル状になる水溶性の食物繊維たとえばオートミルなども摂取するのも腸肝循環を促進することができます。


五味先生ありがとうございました。

難しいけど、とにかくメカブは臭いに効くのです。
それと、カスピ海ヨーグルトが゙効くわけです。

★カスピ海ヨーグルトの作り方を知りたい人は、ここが便利!
 STEIN ~自家製ヨーグルトを食べよう~


今日の話、気に入った方は、ポチット押してね人気blogランキングへ



体臭の悩み対策は、このサイトが一番!!
体臭対策ショップ
クサイ臭いは、素から絶たなきゃだめ!!
 ← いらっしゃいませ
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://kusainioi.blog23.fc2.com/tb.php/27-093146e1

この記事へのトラックバック

« 活性水素水 | ホーム |  加齢臭(おやじ臭)対策 Goods shop オープン!! »

PROFILE

テツキチ

Author : テツキチ

CATEGORY

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

あなたのブログにGoogleアドセンス広告を掲載したい方は、上をクリック

ARCHIVES

OTHERS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。