クサイ臭いは素から絶たなきゃだめ!!

「体臭!!」気になりますか? 年齢とともにきつくなってくる「加齢臭(かれいしゅう)」別名:おやじ臭。 さあ、テツキチと一緒に「体質改善」しましょう!!

   加齢臭(エイジングノート)

     40代以上の世代の間で一番気になるのは、口臭
     その次に気になるのが体の臭い、体臭の一種ともいわれている、老齢からくる異臭、すなわち加齢臭


     最近では老年になる前の中年の人(早い人では20代後半)たちにもこのニオイが・・・

                 加齢臭の原因は、その対策はどうすればいいの

                テツキチが、その秘訣を、あなたにそっとお教えします。

    ○このブログを、ぜひあなたのお気に入りに追加して下さい(3秒で完了します) →→→ 

加齢臭(おやじ臭)対策 お役立ちサイト  ←クリック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンチエイジング

ご無沙汰してます。テツキチです。


仕事がばたばたで、ブログの書き込みをサボってました。

書きたいことはいっぱいあったのですが・・・忘れてしまいました。(記憶力のないテツキ


そういえば、先週、NHKのサイエンスZEROで、アンチエイジング治療についてやってました。

テツキチの加齢集対策は、実はアンチエイジング治療だったのです!(・・・ほんとかよ~)

ところで、皆さんはアンチエイジング治療って知ってますか?

問題:アンチエイジング治療ってな~に?

1.美顔、美容整形で、しわやしみを取り除き若返りを図る治療法クリック

2.俺はアンチエイジングじゃなくてアンチジャイアンツだ!クリック

3.そりゃアンチ エイジ(歳)っていうくらいだから、若返り・老化防止療法のことだろ~クリック


アンチエイジング治療は、まったくもって
テツキチが目指す加齢臭対策そのものだったのですよ!!

つまり、加齢臭対策=アンチエイジング対策

ちょっと、今日からアンチエイジングの勉強を始めなくちゃ・・・

今日の話、気に入った方は、ポチット押してね人気blogランキングへ





 ★★加齢臭対策ショップ★★ ← いらっしゃいませ    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

アンチエイジング治療

人間の究極の願いである「老化防止・若返り」を目指すのが、「アンチ・エイジング(抗加齢)医療」。

人間の老化の研究が進み、その原因がわかってきたのだ。

その原因とは、なんと加齢臭の原因でもある「活性酸素」らしいのです。

アンチエイジング治療
アンチエイジング 治療は、運動療法と食事療法(サプリメントを含む)、精神療法の3つの柱が基本です。

1.アンチエイジングと食事

■日本食の見直し

アンチエイジングの基本となるバランスのとれた食生活だとは、実際にはどういう食事でしょうか。

結論から言うと、何も難しく考える必要はありません。われわれ日本人がこれまでとってきた伝統的な日本食が、ほぼ理想的な健康食なのです。

戦後導入された欧米式の食のスタイルが、肥満を助長しすべての成人病を惹起するということが20数年前から欧米で言われ始め、寿司や菜食等の日本食ブームを巻き起こしました。
これには1997年にアメリカで発表されたマクガバン・レポートが引き金になったといわれています。アメリカのマクガバン上院議員を委員長とした栄養特別委員会は、2年間、世界中の専門家の協力を得、あらゆるデータを検討した結果、「癌や心臓病、脳卒中など六大成人病は、現代の食生活が原因で起こる食源病である。これまでの食生活を根本から改めない限り、アメリカが生き残る道はない」と報告しました。これに基づいて徹底した食生活の見なおしが行われて、今日に至っています。

また、マクガバンレポートで注目すべきは、アメリカにいる日系人の生活習慣病に関する追跡調査です。レポートによれば、一世から二世、二世から三世と進むにつれて、日系人の食は欧米化してきており、それと平行して欧米型の生活習慣病になる確率も高まってきたということです。


■加齢による食の変化

高齢者でも、食のバランスは基本的には若いときと同じですが、特に変化があるのは以下のことです。

●必要カロリーの減少
加齢とともに代謝がエネルギー発散モードから蓄積モードに切り替わっていきます。これはホルモンの変化のほかに、例えば筋肉量の減少により、またその結果の運動量の減少で代謝が衰えることによります。 
それでも通常の活動量にそれほどの変化があるわけでないので、高齢者のほうが、燃費がよいというか、費用対効果が優れていると自慢してよいのではないでしょうか。

●水分摂取の増加
加齢とともに腎機能が衰え、水分の排泄量は増大します。それとともに、渇水感が鈍くなり、高齢者は脱水をきたしやすくなります。
成人は日に2.5リットルの水を飲むことが望ましいといわれているので、老人の場合はそれを最低線と考えるべきかもしれません。

●不足しがちな栄養素
ビタミンでも特に、B2、B6、葉酸、C、D、E、ミネラルとしてはカルシューム、セレンなどが高齢者で不足しがちなので、補充が必要と考えられています。

■三大栄養素

炭水化物、蛋白質、そして脂肪を三大栄養素といい、どれもが人間の体には必需品です。
これらは食物として吸収されたあと、体内で分解また再合成され、エネルギー代謝、細胞の生成維持に使われます。

グラムあたりの発生熱量は、炭水化物と蛋白質は4キロカロリーですが、脂肪は7キロカロリーでほぼ倍にあたります。

蛋白質はアミノ酸で形成されていますが、そのうち9種類は体内で合成されないので、外から補わなければならず必須アミノ酸と呼ばれています。

エネルギー代謝、細胞維持に使われて、あまった栄養素は脂肪として蓄積されます。
栄養素間の分解合成があるので、脂肪だけが体脂肪になるわけでなく、全体のカロリー過剰分が脂肪になってしまうので、肥満を防ぐには全体のカロリーを押さえる必要があります。

三大栄養素の望ましいバランスは、カロリーの%でいうと、炭水化物として55%から60%、蛋白質として12%以上、脂肪分は30%以下に押さえるべきとされています。

細かい食品成分の分析やその望ましい組み合わせに関しては専門家に任せるとしても、われわれが毎日の食事でいちいち成分を意識して食事することは不可能です。


■食生活での注意点

●腹八分目
昔から言われていることですが、なかなか難しいものです。もうちょっと食べたいところで押さえることが大切です。
毎食毎食、細かいカロリー計算をするより、好きなものを食べて、ともかく総量規制をしてしてみましょう。具体的には今までの食事をどの皿も2/3だけ食べる。つまり1/3づつ残すなどの方法です。
宴会などのフルコース料理は、半分ずつしか食べないなどの努力も必要かもしれません。

●野菜は制限なし
食べたりないと感じる部分は、野菜で補いましょう。前項の総量規制からはとりあえずはずしてしまって結構です。これである程度の満腹感を得、さらにビタミン類ことにCを十分に取ることになります。

●水は十分に飲む
水分は十分とりましょう。食事中はもちろん、食事の合間も絶えず水分をとりましょう。

●間食は避ける

●過度の飲酒は避ける
飲むとすれば赤ワインをグラスに一杯程度にしましょう。

●体重管理をする
体重は月一回は計り、BMI22から23を目安にする。(注)


■飽食の時代のビタミンバランス

現代の飽食の時代に何が起こっているかというと「栄養過剰の栄養失調」です。
炭水化物、蛋白質そして脂肪の三大栄養素が体に採りこまれ、エネルギー源としてまた細胞構築の材料として有効利用されるためにはビタミンが必須です。もし、三大栄養素がそれに見合うビタミンなしに摂取されると、代謝は不充分なまま余剰栄養素が脂肪として蓄積し肥満を生じるのです。つまり、飽食して肥満状態になっても、代謝レベルでは飢餓状態という異常事態が起こっているということです。また、ビタミンには13種類ありますが、そのすべてが一定レベルになければなりません。万一、ひとつでも欠乏状態にあれば、全部のビタミンの足を引っ張ることになります。これがビタミンの特性ですから、私たちはマルチビタミンの形で、毎日正しく補給することが必要になるのです。つまり、三大栄養素のバランスも大事ですが、それ以上に気をつけなければならないのが、ビタミンのバランスなのです。


■実際にビタミンを補充する際の注意点は・・・・・

●水溶性のビタミン(B群とC)は多量に摂取しても、すぐ尿中に排泄されるので、過剰摂取の心配はありません。それに反し、脂溶性(A、D、E等)は脂肪に蓄積され、過剰症を起こすことがあるので、摂取量は気をつける必要があります。

●ビタミンEの抗酸化作用は、同じ抗酸化作用を持つAとCと併用すると、いっそうの効果を発揮するので、この三種類の組み合わせを「ビタミンACE(エース)」と呼んでいます。


■上手なサプリメントのとり方

抗加齢は手段であり、目的は実り豊かな老年です。
その抗加齢の手段の一つがサプリメントなのですが、サプリメントだけに四六時中頭を使うわけにはいかないので何を守れば最低限は確保できるのか、五か条に絞り込んでみました。
●基本はバランスのとれた食事と適度な運動にある。
●しかし今日の日本では、食事のバランスをとることが難しい。
●そのためにサプリメントは必需品である。
●具体的にはマルチビタミンとカルシウムは必須である。
●その上で必要なら、目的別サプリメントを追加する


ここで、テツキチが超お勧めなのが、活性水素水!!

中年になると不足しがちな、水分を補給しながら、加齢の敵「活性酸素」を中和してしまう。

最高の効果が期待できます。

テツキチは、活性水素水とウコンパワーで若返ります!!



今日の話、気に入った方は、ポチット押してね人気blogランキングへ




 ★★加齢臭対策ショップ(アンチエイジング対策)★★ ← いらっしゃいませ   

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://kusainioi.blog23.fc2.com/tb.php/33-d08b0cce

この記事へのトラックバック

« 細胞を痛める活性酸素 | ホーム |  タイトルなし »

PROFILE

テツキチ

Author : テツキチ

CATEGORY

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

あなたのブログにGoogleアドセンス広告を掲載したい方は、上をクリック

ARCHIVES

OTHERS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。